20周年記念公演
 

温泉のように吹き出した僕らのあの夢は 
  虹色の架け橋へと変わっていったんだ・・・
 
 
水木英昭プロデュース、
紀伊國屋ホール初陣の感動作『虹色唱歌』
時を経て・・・
またセピアに蘇る。

■脚本・演出:水木英昭
 
■音楽監督:髙木茂治
 
■挿入歌作詞・作曲:大橋ヒカル
  
■ 出演
 
富田 翔 
山本裕典
 
吉川 友
 
杉江大志
 
安井一真
河原田巧也
菅原ブリタニー
 
ニコラス・エドワーズ
 
稲葉貴子(太陽とシスコムーン)
信田美帆(太陽とシスコムーン)
小湊美和(太陽とシスコムーン)
 
村田 充
 
萩野 崇
 
 
CAST LINK(水木英昭プロデュースTOP)
公式チャンネル 水木英昭プロデュース 公演関連動画、配信予定!

▶STORY

 

今年で廃校になる事が決まった田舎町の学校「虹川高校」に、集まることになった卒業生たち、柳猛(富田翔)・柳ジョージ(杉江大志)兄弟、近藤源三(安井一真)、そして高林誠(山本裕典)。それは、亡くなった同級生・大久保潔子(吉川 友)の七回忌だった…。
学校で迎えるは、同級生で町に残り一時虹川高校の教師もしていた旧姓千葉の大久保勇一(萩野崇)とその妻の清子(吉川 友/二役)。
そして清子の従妹の三姉妹、大久保竹代、松代、梅代(稲葉貴子・小湊美和・信田美帆/太陽とシスコムーン)だった。
温泉が湧き出て栄えたおかげでできた虹川高校は、 「町の発展は教育にあり」と創設した初代校長の思いも虚しく、温泉が枯れるとともに衰退してしまっていた。
当時、町のマスコット『温泉隊虹ファイブ』として人気を博していたのが、集まった卒業生たちだった。
そして、その町のマスコットが復活をする!?という話が持ち上がっているという…
どうやらそれを画策しているのは、同じく当時虹川高校に通っていた、高林カトリーナ(菅原ブリタニー)だった。その名前を聞き、不安になる一同…。
そして、様々な人生を送っている卒業生たちの思惑も絡み、不思議な青年・川島(ニコラス・エドワーズ)、僧侶(村田充)、寿司屋(河原田巧也)も巻き込み事態は思わぬ方向へ…
無事7回忌が始まるはずだったが、
懐かしい思い出と共に、明かされていく真実…
希望に満ちていたあの頃は、全てが温泉の様に吹き出し溢れていた
乾ききった現実に、昔の思い出は眩しすぎて…
セピアに蘇る、大人たちのハイスクール青春白書。

東京公演《紀伊国屋書店提携公演》
■日程・会場 2024年10月18日(金)~10月22日(火)紀伊國屋ホール 
〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F 
TEL:03-3354-0141

大阪公演
■日程・会場 2024年11月3日(日)~11月4日(月祝)近鉄アート館 
〒545-8545  大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階
TEL:06-6622-8802 (月曜日を除く11:00~18:00)

■2024年6月下旬 
各キャストFC等先行予約開始!!!
2024年7月一般発売予定


※その他公演情報は随時更新してまいります。


■公演に関するお問合せ:水木英昭プロデュースmizu-pro@mizu-pro.com
    TEL. 03-6279-2174受付時間:月~金(平日)11:00-19:00
    ※不定期にて変更、また担当不在の場合もございます。ご了承ください。

 
■制作:水木英昭プロデュース